皆様には大変お世話になっております。

ご年始の挨拶につきまして、当方では年賀状によりますご挨拶を割愛させていただいております。
こうした仕事に従事しながら、年賀状を出さないとはどういうことか!とのお叱りを受けた事もございますが、社会常識的慣習として履行すべき文化だと理解する反面、長年、この仕事に従事するうちに、年賀状の意義についてビジネスにおいては悪習と見るべき面も多々あると考察申し上げます。

大変勝手ではございますが、当方よりの年賀状によりますご挨拶は割愛させていただきます。
大変な失礼と存じあげておりますが、それにも当方なりの理念がございます。

どうか若輩者の屁理屈と、ご理解、ご容赦いただければと平にお願い申し上げます。